永代供養に関する情報が満載!

こちらのサイトでは、永代供養についての情報を取り扱っています。
例えば、生前に申し込むことができるのかについてや、宗派は気にする必要があるのか、永代使用とは何が違うのかといったことについて解説記事にてコラムを書いています。
そのため、もし永代供養についてわからないことがあれば、こちらのサイトを見ることで悩みや疑問点を解消することができます。
お墓のことについて生前に考えておきたい方は見ると知識を深められます。

永代供養は生前に申し込むことができる?

永代供養は生前に申し込むことができる? 永代供養とは、永代にわたって供養してもらえることです。特定のお墓を持つわけではなく、共同墓に納骨して、そこで他の人と一緒に供養されるスタイルです。
これは、承継者を意識しなくても良いというメリットがあります。永代使用料を払って墓を建てた場合、承継者がいなくなれば無縁仏となってしまいますが、永代供養ならばそのようなことにはなりません。
管理料なども永代供養料に含まれているため、一度費用を支払っておけば後で費用が発生することは有りません。
永代供養は、生前に申し込むことが可能です。
そもそも、これを選び人は後継者がいない、という方が多いですので、生前に申し込めなければ意味は有りません。相場は場所によりますが、40万円前後が多いです。

永代供養はお墓参りに行けなくても安心?

永代供養はお墓参りに行けなくても安心? 永代供養とは、遠方に住んでいる等でお墓参りに行けないや実際にお墓を継ぐ人がいなくなっても、お墓を未来永劫にわたり、寺院や霊園が供養管理してくれることを言います。
荒れ果ててしまうお墓が増えているということがマスコミ等で取り上げられるようになってからこの供養方法を選択する人が増えています。
一般的には他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室に安置されるため、集合墓や合同墓とも呼ばれています。
新たにお墓をつくるとなると場所を探すことや費用の問題が発生しますが、永代供養はその心配がありません。
また寺院などが、春彼岸や、お盆、秋彼岸に合同供養を行ってくれたり、毎月の供養があったりと、様々な理由でお墓参りに行けなくても、先祖の魂を供養をしてくれるという点が利点です。
また、従来の霊園によくある管理料が発生することが少ないため、後々の費用の心配がありません。お墓の管理の問題に頭を悩ませている人にとっては、うってつけの供養方法と言えます。
最近高齢者を中心に自分の亡き後、遠方に住む子や孫にお墓のことで迷惑をかけたくないと生前に永代供養を申し込む人も多くなっています。
このように、永代供養はお墓参りに行けなくても安心できる様々な利点があるため今後益々増えていくでしょう。

情報リンク

全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)パンフレット MLM - NAVER まとめ

新着情報

◎2017/12/20

永代供養墓のお参りの方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

維持費やお布施は不要
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「永代供養」
に関連するツイート
Twitter